レンズを探すためにメガネが必要って意味ないよね。

今はめがねを使うがほんの一時期コンタクトレンズを使っていた。めがねが合わなくなったのでより安上がりのコンタクトを選んだのである。
店に併設された眼科で検診を受け、カルテを持っていくと私の目に適したものをいくつか並べてくれる。その中からコストパフォーマンスのよさそうなものを買うことにした。
つぎに着脱のしかたの説明を受け、練習するのだがこれがうまくいかない。瞳にぴたりとはまらないし、目からポロリと落ちたりする。30分くらい練習したがもういい加減いやになり、そのうちうまく入るようになるさと考えて家に帰った。
3日がたち1週間がたった。だがうまくはならない。相変わらず目からポロリである。そうすると探すのに一苦労だ。こちらは近眼でレンズのご厄介になるのであるから当然である。落としては時間をかけて探す、を何度も繰り返した。こうなるとレンズを探すためのめがねが必要である。
ここにいたって私はあきらめた。レンズ捜索のためにめがねを使うならなにもコンタクトなどいらないではないか。
以来私はずっとめがねを使っている。

このブログ記事について

このページは、pjが2014年7月18日 22:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ワキ脱毛はメリットが多い」です。

次のブログ記事は「腰の脱毛」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。